痛みがなくなってからが勝負

痛みがある間は痛みのことで頭がいっぱいで痛みに対しての行動がとりやすいですが、痛みがなくなるとなかなか痛みに対しての行動を行い続けることは難しくなります。


髪の毛のように伸びたことが毎日確認出来たり、鬱陶しいなという気づきがあるものは定期的に髪を切るなどの行動を起こしやすいですがこれから来る痛みに対して行動し続けることはなかなかできない人が多いものです。


いわば来るかわからないものに備えるようなものなので、後回しにして今うことが多くなります。そうして何もしないで過ごしていると、いつの間にやらまた痛みが出始めることが多いんですね。

痛みが戻りやすい人はもちろん治療した側の技術不足もありますが、普段の生活の中で痛みが起こりやすい動かし方をされている可能性もあるので、定期的に体もメンテナンスしていると痛みは起こりにくくなると思います。


ジムでトレーニングを行うのもいいですが、間違ったトレーニングを行うとそれが痛みに繋がります。案外トレーニング中に痛めました・・・という方は多いので注意が必要です。

運動することは良い事なので続けていただく方が良いですが、正しく動く体を作るという事も意識して頂けるといいと思います。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

痛みを長い間感じておられる方のなかには、各地の病院や専門医院へ行かれても良くならなかった方がいらっしゃいます 何度も良くなろうと努力したけれど、良くならないのであきらめてしまわれる方も中にはいらっしゃると思います。 これだけインターネットが発達していても正しい情報や、良い病院と巡り合えるのはなかなか難しいと思います。外向きの言葉はどこもいいことばかり書いてあるのでどの情報を信用していいのかわからな

治療が終わった後、代金を頂くことになりますが 治療代金が高いと思われていてはだめだなと最近思っています。 保険が利用できない以上料金的には高くなるのですが、治療が終わった後も満足いただけなければきっと払った分の価値がないし、無駄だと思われて終わってしまいます。 この金額をお支払いいただく方は、それなりに期待をして来ていただいていると思うので、その期待を裏切らないように内心、恐怖と闘いながらいつも治

痛みが始まって、いつの間にか痛みが無くなった経験が誰しもあると思います。 みなさんはその痛みが無くなった理由を考えたことはおありでしょうか? そういえばいつの間にか無くなっていたなという方がほとんどだと思うのですが おそらく痛みがなくなった理由は、他の部分がかばってくれていることがほとんどです。 その結果、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、最初に痛かった所は痛くなくなったけれど、いつの間